シェア いいね! ツイート ピン もっと... いいね! ツイート ピン もっと... シェア

Wilkinson Eyre Architects: IFCオフィス広州

MakeSeen-Wilkinson-Eyre-Architects-IFC-Guangzhou-13

英国ロンドンの建築事務所Wilkinson Eyre Architects(ウィルキンソンエア)とエンジニアArup(アラップ)が手がけた高さ440メートルの高層ビル、中国の広州国際金融センター(広州IFC)の上部33階部に、5つ星プラスの高級ホテル”フォーシーズンズ”がオープンしました。

MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-00

2004年に設計コンペを経て建設された建物は、世界で一番高いダイアグリッド構造によって構築された建物である。ダイアグリッド部材は、良好な剛性と防火の両方を満たすコンクリート充填鋼管から形成されている。

MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-01MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-02

構造上のコアがフロアの重力負荷のほとんどを支え、硬いチューブ構造システムを作成するために、床の梁によって背面ダイアグリッドの境界構造にリンクされている。その構造の剛性は、使用する鋼の量を最小限に抑えながらも、揺れへの耐性を満たしている。この剛性や加速度に対する耐性は、建物のダンピングが必要とされないことを意味する。建物の形状は、風の影響を低減するように設計されている。

MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-03

珠江沿いの103階のタワー新広州IFCに、フォーシーズンズ広州は建物上部の3分の1を占めている。

MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-05MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-06

ニューヨークの自由の女神より高い息をのむような壮大なアトリウムの周囲に配置された豪華な客室とスイートから、広州市のネオンで華やいだ景色を眺めることができる。

MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-07MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-11

インテリアデザイナーHirsch Bedner Associates(ハーシュベトナーアソシエイツ HBA)が、ホテルの内装を手掛けた。 全面ガラス張りの光に満ちたスタイリッシュなレストラン・バー・スパ・客室から、広州市のパノラマビューがどこにいても楽しみめる。

MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-10

モダン・クラシカルな広々とした客室。

MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-09

夜景が楽しめるオープンバスルーム。

MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-12MakeSeen-Wilkinson Eyre Architects-IFC Guangzhou-08

開放的で豪華なスパルーム。

プロジェクト概要

プロジェクト内容: オフィスビル・ホテル
所在地:広州市 中国
プロジェクトチーム:
建築設計 : Wilkinson Eyre Architects
構造設計:Arup
インテリアデザイナー(ホテル):Hirsch Bedner Associates
建物写真:  Christian RichtersJonathan LeijonhufvudWill Pryce

via Archdaily

 

また:

Leave a Reply