シェア いいね! ツイート ピン もっと... いいね! ツイート ピン もっと... シェア

Vo Trong Nghia + Daisuke Sanuki + Shunri Nishizawa:スタッキンググリーン

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article11Crop

世界の人口の最も高い密度を持つ混沌とした都市のホーチミンを散策すると、多くの植木鉢が通りや建物の前やバルコニーに置かれているのを目にする。この興味深い習慣は、熱帯植物や様々な花達が、ホーチミン市民の生活の一部として愛されている証拠である。

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article01MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article03

30歳の夫婦と母親のために設計されたこの住宅は、典型的な細長い土地(幅4mX奥行き20mに建てられた。前面と背面のファサードは、コンクリートのプランターの層で構成されている。

緑に満ちた建物が、混沌とした街ホーチミンをより魅力的な都市に発展する為に、緑を再定義し再増加するのを意図して、この”グリーンをスタックする”住宅はデザインされた。

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article02MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article05

プランターとその間の隙間は25cmから40cm間で、植物の高さに応じて調整されている。メンテナンスを容易にする為に、プランター内部の自動灌漑パイプが使用されている。緑に覆われたファサードは、常に緑が育成するので、この住宅は”グリーン·スタッキング”と命名された。

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article06MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article07

緑のファサードと屋上庭園は、直射日光や通りの騒音や公害から住民を守る。さらに、ファサードやトップライトによる自然換気が、サイゴンの厳しい気候の中で大きなエネルギーを保存することができる。伝統的なベトナムの中庭のある住宅から学んだ生態学の観点に基づき、このモダンな住宅はデザインされた。

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article04MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article08

建物の構造は、広くベトナムで使用されるRCフレーム構造である。内部のどのエリアからも緑を眺められる様に、間仕切りの壁は最小限に設置した。

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article09

日中は中央のトップライトによって、時間に応じて変化する採光が楽しめ、花崗岩の壁に刻一刻変化する美しい陰影を、室内に齎している。

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article10

緑に満ちた屋上庭園。採光用のトップライトも設置されている。

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article11MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article12

ライトアップされたファサード。街のシンボルとなる住宅。

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article13MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article16MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article14

エンバイロメンタルダイアグラム

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article17

敷地図

MakeSeen_VoTrongNghiaStackingGreen_Article15  

平面図

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 個人住宅
所在地:ホーチミン ベトナム
居住者構成: 家族
建物規模: 地上4階建
主要構造: RC造
プロジェクトチーム:
建築設計:,Daisuke Sanuki, Shunri Nishizawa (Vo Trong Nghia Co., ltd.)
建物写真: Hiroyuki Oki

via Archdaily

また:

Leave a Reply