シェア いいね! ツイート ピン もっと... いいね! ツイート ピン もっと... シェア

遠藤秀平建築研究所設立:rooftecture OT2

MakeSeen_Rooftecture_遠藤秀平_Article08

遠藤秀平建築研究所設立によるrooftecture OT2は、建物が密集している大阪市街に位置する新しいタイプの子供が3人にる夫婦の住宅である。隣接する建物がひしめき合って、メイン通りが隣り合わせの敷地環境に、いかに快適な住空間を実現するかがこのプロジェクトのチャレンジである。

MakeSeen_Rooftecture_遠藤秀平_Article03

屋根と外壁が一体になったファサードは、パンチングパネルが使用されており、建物のスキンとして、メイン通りからプライバシーを守る役割を果たしている。玄関を除いた開口部分はないが、パンチングパネルの穴から内側の光が外に漏れて、このように建物全体がライトBOXのように見える。

MakeSeen_Rooftecture_遠藤秀平_Article04

インダストリアルな印象のエクステリアと対照的に、インテリアは、とても明るく開放的である。構造用パネル材を上手く天井と壁に使用して、空間にアクセントを付けている。

MakeSeen_Rooftecture_遠藤秀平_Article05MakeSeen_Rooftecture_遠藤秀平_Article06MakeSeen_Rooftecture_遠藤秀平_Article07MakeSeen_Rooftecture_遠藤秀平_Article17

木製の階段があるアトリウムには、スカイライトから柔らかな光が降り注がれ、3方を隣接する建物で囲まれた住宅が採光を取れるように、工夫されている。

MakeSeen_Rooftecture_遠藤秀平_Article09

Rooftecture 遠藤秀平 MakeSeen_Rooftecture_遠藤秀平_Article11

プロジェクト内容: 個人住宅
所在地:大阪市北区
居住者構成: 家族
建物規模: 地上3階建
主要構造: 鉄筋構造
敷地面積: 55.3sqm
建築面積: 44.0sqm
延床面積:127.7sqm
プロジェクトチーム:
建築設計:遠藤秀平建築研究所設立
建物写真: Stirling Elmendorf
図面: 遠藤秀平建築研究所設立

via designboom

 

 

また:

Leave a Reply