シェア いいね! ツイート ピン もっと... いいね! ツイート ピン もっと... シェア

坂茂建築設計: Architecture and Human Activities エキセビション

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-00

坂茂建築設計の作品の展示会”Architecture and Human Activities Exhibition 坂茂−建築の考え方と作り方”が、茨城県水戸市の水戸芸術館でオープン致しました。坂茂氏の初期から現在に致る主要な作品が展示されています。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-06

巨大な詳細モデルやモックアップが歓迎してくれる展示会入り口。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-01

門脇さや子氏のキュレーションにより’アーキテクチャと人道活動’と題されたエクセビションは、坂氏の初期の作品や先駆的な新しい建材の使用を開発した災害時の仮設施設(只今進行中の作品も含む)等の社会的・人道的な住宅プロジェクトにおける多様な活動の成果としての坂氏の建築を展示している。坂氏の建築家としての成果を強調するだけでなく、プロジェクトの根源である、社会問題や災害に対する彼のビジョンと精神を表現するのが、この展示の目的である。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-02

展覧会は、建築モデル、モックアップ、写真、彼の主要かつ重要な作品、家具、インスタレーションのビデオにより坂氏のこれまでの作品を紹介しています。特にモックアップからは、建材の使用方法や構造のディテールを間近で見られます。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-03

ポンピドゥーセンターの1:5スケールの編構造の木材詳細モデル。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-04

‘nine bridges golf club’のメイン柱のスタディーモデル。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-05MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-07

東北関東大震災の被災地の避難所であった学校の体育館に、多少のプライバシーを保てる段ボール管でできた蚊帳。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-08

ハノーバー万博のジャパンパビリオンの模型。段ボールの簡易集会所。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-09

パビリオンの建設ディテール。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-10

段ボールで出来た簡易住居。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-11MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-12

TAMEDIAの木構造ユニットのモックアップモデル。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-13MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-14

展示プロジェクトは、最新の2013年以内に竣工するプロジェクト – 今年5月完成予定のチューリッヒTEMEDIA AG建物 – も含んでいます。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-15

1999用に開発されたルワンダのコンゴ難民達の為の、UNHCRの用紙でできた緊急避難所のフルサイズのモックアップ。

MakeSeen-Shigeru-Ban-architecture-and-humanitarian-activities-exhibition-16

ルワンダにおけるUNHCRの難民キャンプ

エセクセビション概要

展覧会名:坂 茂 建築の考え方と作り方
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
開催日:2013年3月2日[土]~ 2013年5月12日[日]
開館時間:9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)
休館日:月曜日 ※ただし2013年4月29日、5月6日(月・祝)は開館、翌4月30日、5月7日(火)は休館
入場料:前売りチケット購入は、こちらから。
一般800円、前売り・団体(20名以上)600円
中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
一年間有効フリーパス
・「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
・「おとなのパス」(20歳以上):2,500円
主催:公益財団法人水戸市芸術振興財団
助成:公益信託タカシマヤ文化基金、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団、財団法人ユニオン造形文化財団
協賛:鹿島建設株式会社
協力:坂茂建築設計、アサヒビール株式会社、日本化工機材株式会社、株式会社イトーキ、株式会社加瀬倉庫、TSP太陽株式会社、株式会社良品計画、エルメスジャポン株式会社、Holzbau Amann GmbH、BLUMER-LEHMANN AG
企画:門脇さや子(水戸芸術館現代美術センター学芸員)

via DesignBoom, JapanTimes

また:

Leave a Reply