シェア いいね! ツイート ピン もっと... いいね! ツイート ピン もっと... シェア

ピーターズントー : LACMAプロポーザル

MakeSeen-Peter Zumthor LACMA Model-00

ピーターズントー によるLACMA(ロサンジェルスコンテンポラリーミュージーアム)のプロポーザル模型が、開示された。このプロジェクトは、以前OMA案がデザインコンペで選ばれましたが、頓挫してしまったプロジェクト。その後ピーターズントーが選ばれ、総工費6.5億ドルのミュージーアムのプロポーザルは、復活した。現在デザインディベロップメントが進行中。

MakeSeen-Peter Zumthor LACMA Model-01

“黒い花”のような形状のミュージーアム。ロサンゼルスのミラクルマイル地区のウィルシャー大通りに面している。

MakeSeen-Peter Zumthor LACMA Model-02 MakeSeen-Peter Zumthor LACMA Model-03 MakeSeen-Peter Zumthor LACMA Model-04

”建物や廊下のビザンチン迷路”と悪評の現状のLACMA異なり、ズントー案は、複数のアクセスポイントと通路が点在し、訪問者が各々の歩行ルートを楽しめるような”村”として機能するデザイン。

MakeSeen-Peter Zumthor LACMA Model-05

via ArchDaily

 

また:

Leave a Reply