シェア いいね! ツイート ピン もっと... いいね! ツイート ピン もっと... シェア

隅研吾建築都市設計事務所 : 九州芸文館

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-00

隅研吾建築都市設計事務所による九州芸文館は、九州の文化センターの”ゲートウェイ”として、福岡の広大な大地に建設されました。自然と人々を融合しうる、そんな文化施設の誕生です。

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-01

”門・ゲート”のような建物が、訪問者を歓迎する。地元に根付いた芸術文化交流施設である九州芸文館のあり方を象徴する外観。敷地の自然環境に溶け込む様に、小さい民家の屋根が折り重なるような建物になっている。


デザインコンセプトを語る隅研吾氏のインタビュービデオ。

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-02 MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-03

折り紙が折り重なるような屋根。ゲートをくぐった中庭を囲む様に、建物が配置されている。

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-04

各々の文化施設は、中庭からのメイン通路によって繋がっている。

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-05 MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-06
MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-07MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-08

白壁と木材を基調とした室内インテリア。柔らかく明るい空間が広がっている。

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-09

鳥の巣のような照明ランプシェード。

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-10

スタディーカウンターが設置され、訪問者が各々の研修・作業に集中できる。

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-11

緑のカーテン・水によって演出された中庭を眺められるロビー空間。

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-12

芸術の中心地を象徴するような、木材でできた九州芸文館のユニークな字体のロゴ。

MakeSeen-Kengo Kuma Kyushu Geibun Kan-13

案内ポストもとてもクリエイティブ。

プロジェクトの詳しい解説は、建築家のHPからご覧下さい。

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 文化交流施設
所在地:福岡県筑後市
建物面積:4,157 m2
プロジェクトチーム:
建築設計 : 隅研吾建築都市設計事務所
建物写真 : 隅研吾建築都市設計事務所

via DesignBoom

また:

Leave a Reply