シェア いいね! ツイート ピン もっと... いいね! ツイート ピン もっと... シェア

John Pawson: サンモリッツ教会改修

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-00

英国ロンドンの建築家John Pawson(ジョン·ポーソン)によって、ドイツはアウグスブルクに位置する1000年以上の歴史のあるサンモリッツ教会は再度生まれ変わった。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-03

この教会はほぼ千年前に設立され、幾度もの災禍や戦火にさらされながらも改修を重ねて、今日まで聖なる場所を住民に提供し続けてきた歴史ある教会である。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-01

John Pawson独自のミニマルな内装は、モダンながらもタイムレスな静寂で崇高な祈りの場として相応しいデザインとなっている。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-02

祭壇は、教会内で最も明るい空間となっている。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-04

より柔らかい光を教会内に拡散するために、窓ガラスの上に細かく脈のある半透明の白いオニキス石の薄い板が設置されている。ジョン·ポーソン曰く、 “この効果は、直射日光を和らげてイルミネーションのような幻想的な光に生まれ変わる事により、最適な光の状態を教会内部に齎す事です”。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-05 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-06 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-07

床と祭壇はポルトガルライムストーンで仕上げられ、一方、ダークブラウンの木材で仕上げられた信者席・合唱団の立つ台は、真っ白なインテリアとの強いコントラストを放ち、空間の中に際立っている。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-08

壁の上部の窓と使徒の彫刻が設置されている通路は、教会のバロック様式の過去を彷彿とさせる空間となっている。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-09 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-10

夜になると、聖歌隊エリアと廊内とキューポラドーム内に設置されているLED間接照明が点灯され、日光に変わって柔らかな光を教会内部に齎している。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-11 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-12 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-13 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-15 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-14 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-16

敷地図(クリックして拡大)

敷地図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 教会
所在地:ドイツ アウグスブルク
プロジェクトチーム:
建築設計: John Pawson
建物写真: Gilbert McCarragher
図面・模型写真: John Pawson

via detail

また:

Leave a Reply