シェア いいね! ツイート ピン もっと... いいね! ツイート ピン もっと... シェア

小川博央建築都市設計事務所:Green Tree House

MakeSeen_HOGTH_Article04

“Green Tree House”は、施工主の娘夫婦の為の、築35年の住宅の敷地内のエクステンションのプロジェクトである。

35年前に母屋が建った時から、ケヤキとクスノキは敷地内に存在した。新たな住宅を建てる条件として、これらの木を切らざる終えない状況であった。建築家は、これらの壮大な木々を目の当たりにし、施工主の娘さんが幼い頃そくこれらの木に登って遊んだ思い出の話を聞き、35年間もの間、家族と共に育ったこれらの木と新しい住宅を共存するデザインを考案した。

MakeSeen_HOGTH_Article01

思い出の詰まった木々を伐採する際、施工主の依頼で、近くの神社の神主が祈祷を捧げた。それらの伐採された木々は、香川県内の窯で二週間薫製・乾燥された。それらの木材は、キッチン・ダイニング・リビングルームの中心部にある主要構造柱として使用された。

MakeSeen_HOGTH_Article08MakeSeen_HOGTH_Article07MakeSeen_HOGTH_Article05

それらの木が敷地内に立っていた状態を、室内にそのまま再現する為に、建物を地面より70センチ低くした。4メートルの天井高を維持しながらも、母屋より建物の高さは低くした。

MakeSeen_HOGTH_Article09MakeSeen_HOGTH_Article10

後々、この家が取り壊される時が来るかもしれないが、この木の柱だけは、代々子孫に受け継がれて、新しい家の大黒柱となり続けるであろう。

MakeSeen_HOGTH_Article06MakeSeen_HOGTH_Article03MakeSeen_HOGTH_Article02MakeSeen_HOGTH_Article14MakeSeen_HOGTH_Article12MakeSeen_HOGTH_Article15MakeSeen_HOGTH_Article13MakeSeen_HOGTH_Article11

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 個人住宅
所在地:香川県
居住者構成: 家族
建物規模: 地上1階建+ロフト
主要構造: 木造
延床面積:50.9sqm
プロジェクトチーム:
建築設計:小川博央建築都市設計事務所
写真: 阿野太一
図面: 小川博央建築都市設計事務所

via ArchDaily
 

また:

Leave a Reply