MakeSeen http://makeseen.com 建築 デザイン 雑誌 Thu, 01 Aug 2013 02:32:05 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.5.1 John Pawson: サンモリッツ教会改修http://makeseen.com/john-pawson-st-mauritz-church-conversion/ http://makeseen.com/john-pawson-st-mauritz-church-conversion/#comments Thu, 01 Aug 2013 02:24:44 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4793 英国ロンドンの建築家John Pawson(ジョン·ポーソン)によって、ドイツはアウグスブルクに位置する1000年以上の歴史のあるサンモリッツ教会は再度生まれ変わった。 この教会はほぼ千年前に設立され、幾度もの災禍や戦火にさらされながらも改修を重ねて、今日まで聖なる場所を住民に提供し続けてきた歴史ある教会である。 John Pawson独自のミニマルな内装は、モダンながらもタイムレスな静寂で崇高な祈りの場として相応しいデザインとなっている。 祭壇は、教会内で最も明るい空間となっている。 より柔らかい光を教会内に拡散するために、窓ガラスの上に細かく脈のある半透明の白いオニキス石の薄い板が設置されている。ジョン·ポーソン曰く、 “この効果は、直射日光を和らげてイルミネーションのような幻想的な光に生まれ変わる事により、最適な光の状態を教会内部に齎す事です”。 床と祭壇はポルトガルライムストーンで仕上げられ、一方、ダークブラウンの木材で仕上げられた信者席・合唱団の立つ台は、真っ白なインテリアとの強いコントラストを放ち、空間の中に際立っている。 壁の上部の窓と使徒の彫刻が設置されている通路は、教会のバロック様式の過去を彷彿とさせる空間となっている。 夜になると、聖歌隊エリアと廊内とキューポラドーム内に設置されているLED間接照明が点灯され、日光に変わって柔らかな光を教会内部に齎している。    プロジェクト概要 プロジェクト内容: 教会 所在地:ドイツ アウグスブルク プロジェクトチーム: 建築設計: John Pawson 建物写真: Gilbert McCarragher 図面・模型写真: John Pawson via detail

John Pawson: サンモリッツ教会改修 | MakeSeen

]]>
英国ロンドンの建築家John Pawson(ジョン·ポーソン)によって、ドイツはアウグスブルクに位置する1000年以上の歴史のあるサンモリッツ教会は再度生まれ変わった。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-03

この教会はほぼ千年前に設立され、幾度もの災禍や戦火にさらされながらも改修を重ねて、今日まで聖なる場所を住民に提供し続けてきた歴史ある教会である。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-01

John Pawson独自のミニマルな内装は、モダンながらもタイムレスな静寂で崇高な祈りの場として相応しいデザインとなっている。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-02

祭壇は、教会内で最も明るい空間となっている。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-04

より柔らかい光を教会内に拡散するために、窓ガラスの上に細かく脈のある半透明の白いオニキス石の薄い板が設置されている。ジョン·ポーソン曰く、 “この効果は、直射日光を和らげてイルミネーションのような幻想的な光に生まれ変わる事により、最適な光の状態を教会内部に齎す事です”。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-05 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-06 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-07

床と祭壇はポルトガルライムストーンで仕上げられ、一方、ダークブラウンの木材で仕上げられた信者席・合唱団の立つ台は、真っ白なインテリアとの強いコントラストを放ち、空間の中に際立っている。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-08

壁の上部の窓と使徒の彫刻が設置されている通路は、教会のバロック様式の過去を彷彿とさせる空間となっている。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-09 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-10

夜になると、聖歌隊エリアと廊内とキューポラドーム内に設置されているLED間接照明が点灯され、日光に変わって柔らかな光を教会内部に齎している。

MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-11 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-12 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-13 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-15 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-14 MakeSeen-John Pawson-Conversion of St Moritz Church Augsburg-16

敷地図(クリックして拡大)

敷地図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 教会
所在地:ドイツ アウグスブルク
プロジェクトチーム:
建築設計: John Pawson
建物写真: Gilbert McCarragher
図面・模型写真: John Pawson

via detail

John Pawson: サンモリッツ教会改修 | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/john-pawson-st-mauritz-church-conversion/feed/ 0
OBBA : Beyond the Screenhttp://makeseen.com/obba-beyond-the-screen/ http://makeseen.com/obba-beyond-the-screen/#comments Wed, 31 Jul 2013 02:56:27 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4762 韓国のソウル市をベースにしたOBBA(Office of Beyond Boundaries Architecture)による“Beyond the Screen” のプロジェクトは、住宅密集地の中の限られたスペースの中で、コンパクトながらも空間の豊かさに囲まれながらの生活を楽しめるような共同住宅に仕上がっている。 オープニングのパターンが施されている無機質なグレーのレンガ仕上げの外装。建物の形は、敷地の厳しい規制条件をクリアする形態。 隣家の伝統的な瓦屋根とモダンな外壁と同じグレーのレンガの屋根の素材のコントラスト。 階段状の屋根の一部には、外壁と同じようなユニークな組パターンが施されている。 オープニングが施されたレンガのスクリーンに囲まれたエントランス。 レンガスクリーンの開口部から、木漏れ日が建物内に漏れて建物の内部空間をより魅力的にしている。 白に統一された共同廊下・階段エリア。 建物の間取りは、H型のプランのスキップフロア状の構造となっており、東と西側に14戸の住居ユニットが設けられている。自然光と換気が入った吹き抜けの階段と中庭によって、各々のユニットの独立感を出しながらも、吹き抜けのオープンスペースによって建物内は開放感が溢れるデザインになっている。 ユーザーの観点から、建築家は以下の4つの点を配慮した: 1. 中庭:建物に入ると、前面と背面にはオープングのパターンが施されているスクリーン状の外壁があり、14戸の各ユニットへのアクセスを提供する半外部階段のある中庭に遭遇する。一日中、レンガスクリーンから中庭に、自然光と換気を取り入れられるデザインとなっている。 2. 自然換気:2つに建物を分割することで、全体の自然の通風を最大限にして、住居ユニットのすべてが3面の開放側面を持つことができる。 3. ルーフガーデン:住民のための共同スペースである屋上庭園は、限られた敷地の中で、グリーンスペースと住民の憩いの場を提供する。 4. プライバシー:スクリーン状のレンガの壁は、柔軟な換気システムを最大限に実現しながらも、住民のプライバシーを保つ事が可能である。 白と木材で統一された室内。簡素ながらもロフト等のスペースが、住空間をユニークにしている。 プロジェクト概要 プロジェクト内容: 共同住宅 所在地:韓国 ソウル市 建物規模: 地上4階建 建築面積: 128㎡ プロジェクトチーム: 建築設計: Office of Beyond Boundaries Architecture 建物写真: Kyungsub Shin (Office of Beyond Boundaries Architecture) 図面・模型写真: Office of Beyond Boundaries Architecture Via Archidaily

OBBA : Beyond the Screen | MakeSeen

]]>
韓国のソウル市をベースにしたOBBA(Office of Beyond Boundaries Architecture)による“Beyond the Screen” のプロジェクトは、住宅密集地の中の限られたスペースの中で、コンパクトながらも空間の豊かさに囲まれながらの生活を楽しめるような共同住宅に仕上がっている。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-01

オープニングのパターンが施されている無機質なグレーのレンガ仕上げの外装。建物の形は、敷地の厳しい規制条件をクリアする形態。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-02

隣家の伝統的な瓦屋根とモダンな外壁と同じグレーのレンガの屋根の素材のコントラスト。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-03

階段状の屋根の一部には、外壁と同じようなユニークな組パターンが施されている。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-05 MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-04 MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-08

オープニングが施されたレンガのスクリーンに囲まれたエントランス。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-07

レンガスクリーンの開口部から、木漏れ日が建物内に漏れて建物の内部空間をより魅力的にしている。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-06

白に統一された共同廊下・階段エリア。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-09

建物の間取りは、H型のプランのスキップフロア状の構造となっており、東と西側に14戸の住居ユニットが設けられている。自然光と換気が入った吹き抜けの階段と中庭によって、各々のユニットの独立感を出しながらも、吹き抜けのオープンスペースによって建物内は開放感が溢れるデザインになっている。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-10

ユーザーの観点から、建築家は以下の4つの点を配慮した:

1. 中庭:建物に入ると、前面と背面にはオープングのパターンが施されているスクリーン状の外壁があり、14戸の各ユニットへのアクセスを提供する半外部階段のある中庭に遭遇する。一日中、レンガスクリーンから中庭に、自然光と換気を取り入れられるデザインとなっている。
2. 自然換気:2つに建物を分割することで、全体の自然の通風を最大限にして、住居ユニットのすべてが3面の開放側面を持つことができる。
3. ルーフガーデン:住民のための共同スペースである屋上庭園は、限られた敷地の中で、グリーンスペースと住民の憩いの場を提供する。
4. プライバシー:スクリーン状のレンガの壁は、柔軟な換気システムを最大限に実現しながらも、住民のプライバシーを保つ事が可能である。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-11MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-12

白と木材で統一された室内。簡素ながらもロフト等のスペースが、住空間をユニークにしている。

MakeSeen-OBBA-Beyond-the-Screen-13

平面図 1F(クリックして拡大)

平面図 1F(クリックして拡大)

平面図 2F(クリックして拡大)

平面図 2F(クリックして拡大)

平面図 4F(クリックして拡大)

平面図 4F(クリックして拡大)

平面図 5F(クリックして拡大)

平面図 5F(クリックして拡大)

平面図 6F(クリックして拡大)

平面図 6F(クリックして拡大)

(クリックして拡大)

(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 共同住宅
所在地:韓国 ソウル市
建物規模: 地上4階建
建築面積: 128㎡
プロジェクトチーム:
建築設計: Office of Beyond Boundaries Architecture
建物写真: Kyungsub Shin (Office of Beyond Boundaries Architecture)
図面・模型写真: Office of Beyond Boundaries Architecture

Via Archidaily

OBBA : Beyond the Screen | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/obba-beyond-the-screen/feed/ 0
舞田恵子建築設計事務所 : House Jhttp://makeseen.com/maita-keiko-house-j/ http://makeseen.com/maita-keiko-house-j/#comments Tue, 30 Jul 2013 03:07:08 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4733 舞田恵子建築設計事務所による住宅”House J”は、「閉鎖的でありながら明るく広々とした家」という相対する要望を実現した、若い夫婦と彼らの2人の子供達の為の住宅である。 旗竿敷地に位置する建物外観とアプローチ。木材の外壁により、建物が密集したエリアにより柔らかい印象を与えている。 旗竿敷地という敷地条件を上手く利用して、採光用の中庭を預けたコの字の間取りは、プライパシーを保つ為に、外に向けて閉鎖的でありながら、内側に向けて住空間が一体化しており、屋根もテラスとして活用できるので、何処にいても家族の気配が感じられるような住宅に仕上がっている。 周南コンビナートと瀬戸内海に浮かぶ島々を望むことができる屋上テラスは、家族の憩いの場として大活躍している。 各々の活動を楽しみながらも、家族の気配が感じられる住空間。キッチン・リビング・中庭・ロフト・寝室前のバルコニー等の様々な空間が中庭を囲んで一体化している。 引き戸で開閉される寝室。 夜になると、室内からの光が中庭に漏れて幻想的な住空間が生まれる。 詳しいプロジェクト概要は、建築家のHPをご覧下さい。 プロジェクト概要 プロジェクト内容: 個人住宅 所在地:山口県周南市城ケ丘 居住者構成: 家族 建物規模: 地上2階建 主要構造: 鉄骨造2階建 敷地面積: 126.61㎡(旗竿敷地) 建築面積: 63.15㎡ 延床面積: 97.56㎡ プロジェクトチーム: 建築設計: 舞田恵子建築設計事務所 建物写真: 松村芳治 図面・模型写真: 舞田恵子建築設計事務所

舞田恵子建築設計事務所 : House J | MakeSeen

]]>
舞田恵子建築設計事務所による住宅”House J”は、「閉鎖的でありながら明るく広々とした家」という相対する要望を実現した、若い夫婦と彼らの2人の子供達の為の住宅である。

MakeSeen-Maita-Keiko-House-J-01

旗竿敷地に位置する建物外観とアプローチ。木材の外壁により、建物が密集したエリアにより柔らかい印象を与えている。

MakeSeen-Maita-Keiko-House-J-02

旗竿敷地という敷地条件を上手く利用して、採光用の中庭を預けたコの字の間取りは、プライパシーを保つ為に、外に向けて閉鎖的でありながら、内側に向けて住空間が一体化しており、屋根もテラスとして活用できるので、何処にいても家族の気配が感じられるような住宅に仕上がっている。

MakeSeen-Maita-Keiko-House-J-03

周南コンビナートと瀬戸内海に浮かぶ島々を望むことができる屋上テラスは、家族の憩いの場として大活躍している。

MakeSeen-Maita-Keiko-House-J-04

各々の活動を楽しみながらも、家族の気配が感じられる住空間。キッチン・リビング・中庭・ロフト・寝室前のバルコニー等の様々な空間が中庭を囲んで一体化している。

MakeSeen-Maita-Keiko-House-J-05

引き戸で開閉される寝室。

MakeSeen-Maita-Keiko-House-J-06

夜になると、室内からの光が中庭に漏れて幻想的な住空間が生まれる。

MakeSeen-Maita-Keiko-House-J-07

詳しいプロジェクト概要は、建築家のHPをご覧下さい。

平面図 1F (クリックして拡大)

平面図 1F (クリックして拡大)

平面図 2F (クリックして拡大)

平面図 2F (クリックして拡大)

平面図 3F (クリックして拡大)

平面図 3F (クリックして拡大)

断面図 (クリックして拡大)

断面図 (クリックして拡大)

側面図 (クリックして拡大)

側面図 (クリックして拡大)

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 個人住宅
所在地:山口県周南市城ケ丘
居住者構成: 家族
建物規模: 地上2階建
主要構造: 鉄骨造2階建
敷地面積: 126.61㎡(旗竿敷地)
建築面積: 63.15㎡
延床面積: 97.56㎡
プロジェクトチーム:
建築設計: 舞田恵子建築設計事務所
建物写真: 松村芳治
図面・模型写真: 舞田恵子建築設計事務所

舞田恵子建築設計事務所 : House J | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/maita-keiko-house-j/feed/ 0
BIG: Gammel Hellerup ジムネイジアムhttp://makeseen.com/big-gammel-hellerup-gymnasium/ http://makeseen.com/big-gammel-hellerup-gymnasium/#comments Fri, 05 Jul 2013 01:16:10 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4666 デンマークの建築設計事務所BIGが手がけたBIG所長であるBjarke Ingelsの母校Gammel Hellerup高校の体育館は、体育館兼屋上テラスとして機能する新しいサステイブルなスポーツ施設として生まれ変わりました。 体育館内の天井のしなやかなカーブのアッシュ材の梁は、体育館内部のダイナミズムを表現している。無機質なコンクリート壁は、アッシュ材の梁を引き立たせる役割を果たしている。 地下5メートルの高さの体育館は、地熱と太陽発電を利用したサステイブルシステムによって、その内部の温度調整がなされる仕組みとなっている。 同じアッシュ材のフロアーリングは、地元の専門家によって考案された床暖房を内蔵した高性能スポーツフロアである。 ゆるやかで長いスパンのカーブの屋根で特徴付けられた地下の多目的体育館は、ヒューマンスケールが保たれており、ウッドデッキ状の屋根上は、ピクニック等ができる生徒達の集いの場・憩いの場として多目的に活用されている。 内側の体育館スペースだけでなく、外側の屋根がランドスケープとなり、この建築物をより多目的な建物として機能させているデザインとなっている。 プロジェクト概要 プロジェクト内容: 体育館 所在地:デンマーク 述床面積:1,058 sqm プロジェクトチーム: 建築設計 : BIG 建築写真:Jens Lindhe(その他の写真提供者は、写真の下に明記) 図面 :BIG via Dezeen, DesignBoom

BIG: Gammel Hellerup ジムネイジアム | MakeSeen

]]>
デンマークの建築設計事務所BIGが手がけたBIG所長であるBjarke Ingelsの母校Gammel Hellerup高校の体育館は、体育館兼屋上テラスとして機能する新しいサステイブルなスポーツ施設として生まれ変わりました。

MakeSeen-BIG-Gammel Hellerup Gymnasium-02

体育館内の天井のしなやかなカーブのアッシュ材の梁は、体育館内部のダイナミズムを表現している。無機質なコンクリート壁は、アッシュ材の梁を引き立たせる役割を果たしている。

MakeSeen-BIG-Gammel Hellerup Gymnasium-03MakeSeen-BIG-Gammel Hellerup Gymnasium-04MakeSeen-BIG-Gammel Hellerup Gymnasium-05

地下5メートルの高さの体育館は、地熱と太陽発電を利用したサステイブルシステムによって、その内部の温度調整がなされる仕組みとなっている。

MakeSeen-BIG-Gammel Hellerup Gymnasium-01

同じアッシュ材のフロアーリングは、地元の専門家によって考案された床暖房を内蔵した高性能スポーツフロアである。

MakeSeen-BIG-Gammel Hellerup Gymnasium-06

ゆるやかで長いスパンのカーブの屋根で特徴付けられた地下の多目的体育館は、ヒューマンスケールが保たれており、ウッドデッキ状の屋根上は、ピクニック等ができる生徒達の集いの場・憩いの場として多目的に活用されている。

MakeSeen-BIG-Gammel Hellerup Gymnasium-07

イメージ:Gammel Hellerup

内側の体育館スペースだけでなく、外側の屋根がランドスケープとなり、この建築物をより多目的な建物として機能させているデザインとなっている。

MakeSeen-BIG-Gammel Hellerup Gymnasium-09

イメージ:Junckers Industrier

MakeSeen-BIG-Gammel Hellerup Gymnasium-09

イメージ:Junckers Industrier

平面図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)





















プロジェクト概要

プロジェクト内容: 体育館
所在地:デンマーク
述床面積:1,058 sqm
プロジェクトチーム:
建築設計 : BIG
建築写真:Jens Lindhe(その他の写真提供者は、写真の下に明記)
図面 :BIG

via Dezeen, DesignBoom

BIG: Gammel Hellerup ジムネイジアム | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/big-gammel-hellerup-gymnasium/feed/ 0
Case Design Studio: 千ヶ滝の家http://makeseen.com/case-design-studio-house-in-sengataki/ http://makeseen.com/case-design-studio-house-in-sengataki/#comments Wed, 03 Jul 2013 01:19:27 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4632 Case Design Studioによる軽井沢の別荘のプロジェクト『千ヶ滝の家』は、緑豊かな敷地のなだらかな南斜面に位置している。敷地の特徴を最大限に活かし、自然環境に調和した別荘である。 メイン通り側の外観は、プライバシーを保つ為に開口部が極力おさえてあり、家というよりは黒の木板の塀のような外観である。 一方、家の内側は庭に向かって開けている。幅75mmの竪格子によって開口のグラデーションが楽しめるガラス張りの壁から、敷地の豊かな緑が鑑賞できる。 和モダンの寝室が、光庭(ホール)奥に見える。寝室からも、外の景色が眺められる仕組みとなっている。 湧き水の池のようなシンプルな埋込式の浴槽。こちらも外の景色が良く見えるので、あたかも外で入浴しているような感覚が味わえる。 左がシャワー室、右がトイレの入口で、中央に洗面カウンターが設置されている。 入口土間から見たホールエリア。奥にテラスが続き、折戸を開ければ内と外が一体になるデザイン。土間は車庫にもなり、降雪時に車を止めておくことができるように工夫されている。 上るにつれて格子が徐々に開放されていく2階への階段。 土間からアトリエや光庭を眺める。右側にベッドルーム位置し、光庭奥がバスルーム等の水回りとなっている。 リビングのピクチャーウィンドウから光庭を通して敷地の緑を鑑賞する。 2階のキッチン・ダイニングエリア。カウンター背面は折戸の収納庫となっている。 キッチン・ダイニングエリアから光庭を眺める。右手に薪ストーブが設置されたリビングが広がり、奥に客間が続く。客間は引戸で仕切ることができる。 開口のグラデーションが楽しめるダイニングエリア。 プロジェクト概要 プロジェクト内容: 住宅 所在地:長野県軽井沢 敷地面積:1,058 sqm 述床面積:146 sqm プロジェクトチーム: 建築設計 : Case Design Studio 建物写真 : Case Design Studio 図面 : Case Design Studio via ArchDaily

Case Design Studio: 千ヶ滝の家 | MakeSeen

]]>
Case Design Studioによる軽井沢の別荘のプロジェクト『千ヶ滝の家』は、緑豊かな敷地のなだらかな南斜面に位置している。敷地の特徴を最大限に活かし、自然環境に調和した別荘である。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-01

メイン通り側の外観は、プライバシーを保つ為に開口部が極力おさえてあり、家というよりは黒の木板の塀のような外観である。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-02

一方、家の内側は庭に向かって開けている。幅75mmの竪格子によって開口のグラデーションが楽しめるガラス張りの壁から、敷地の豊かな緑が鑑賞できる。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-03

和モダンの寝室が、光庭(ホール)奥に見える。寝室からも、外の景色が眺められる仕組みとなっている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-04

湧き水の池のようなシンプルな埋込式の浴槽。こちらも外の景色が良く見えるので、あたかも外で入浴しているような感覚が味わえる。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-12

左がシャワー室、右がトイレの入口で、中央に洗面カウンターが設置されている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-05

入口土間から見たホールエリア。奥にテラスが続き、折戸を開ければ内と外が一体になるデザイン。土間は車庫にもなり、降雪時に車を止めておくことができるように工夫されている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-06

上るにつれて格子が徐々に開放されていく2階への階段。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-07

土間からアトリエや光庭を眺める。右側にベッドルーム位置し、光庭奥がバスルーム等の水回りとなっている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-08

リビングのピクチャーウィンドウから光庭を通して敷地の緑を鑑賞する。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-10

2階のキッチン・ダイニングエリア。カウンター背面は折戸の収納庫となっている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-09

キッチン・ダイニングエリアから光庭を眺める。右手に薪ストーブが設置されたリビングが広がり、奥に客間が続く。客間は引戸で仕切ることができる。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-11

開口のグラデーションが楽しめるダイニングエリア。

敷地図(クリックして拡大)

敷地図(クリックして拡大)

1F 平面図(クリックして拡大)

2F 平面図(クリックして拡大)

平面図 2F(クリックして拡大)

平面図 1F(クリックして拡大)

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 住宅
所在地:長野県軽井沢
敷地面積:1,058 sqm
述床面積:146 sqm
プロジェクトチーム:
建築設計 : Case Design Studio
建物写真 : Case Design Studio
図面 : Case Design Studio

via ArchDaily

Case Design Studio: 千ヶ滝の家 | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/case-design-studio-house-in-sengataki/feed/ 0
TNA : 構の郭http://makeseen.com/tna-gate-house/ http://makeseen.com/tna-gate-house/#comments Tue, 02 Jul 2013 00:53:38 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4607 TNAによる住宅『構の郭』は、広大な敷地を最大限に活用した、内と外の境界が曖昧な開放的な住空間となっている。そのシンプルでモノトーンな大空間は、住み手と敷地の自然によって活気づけられ、生活の舞台として機能する。 白いモノトーンのグリッド上の構造により、空間が仕切られている。 内と外の境界が曖昧な空間。 ゲートをくぐりながら散策できる中庭。複数の中庭が住空間を囲うように点在しているので、どの部屋からも自然を鑑賞できるデザインとなっている。 一面ガラス張りのベッドルームから中庭と脇と反対側の部屋が垣間見れる。 両面カラス張りのリビングエリア。まるで室内でなく野外にいるかのような錯覚の起きる解放的なインテリア空間。隣のテラスエリアとの一体感も出ている。 四季折々の緑が室内から鑑賞できる。   プロジェクト概要 プロジェクト内容: 住宅 所在地:茨城県 建物規模 : 地上1階建 プロジェクトチーム: 建築設計 : TNA 建物写真 : Daici Ano 図面 : TNA via Domus

TNA : 構の郭 | MakeSeen

]]>
TNAによる住宅『構の郭』は、広大な敷地を最大限に活用した、内と外の境界が曖昧な開放的な住空間となっている。そのシンプルでモノトーンな大空間は、住み手と敷地の自然によって活気づけられ、生活の舞台として機能する。

MakeSeen-TNA-Gate-House-01 MakeSeen-TNA-Gate-House-02

白いモノトーンのグリッド上の構造により、空間が仕切られている。

MakeSeen-TNA-Gate-House-03

内と外の境界が曖昧な空間。

MakeSeen-TNA-Gate-House-04

ゲートをくぐりながら散策できる中庭。複数の中庭が住空間を囲うように点在しているので、どの部屋からも自然を鑑賞できるデザインとなっている。

MakeSeen-TNA-Gate-House-05

一面ガラス張りのベッドルームから中庭と脇と反対側の部屋が垣間見れる。

MakeSeen-TNA-Gate-House-06

両面カラス張りのリビングエリア。まるで室内でなく野外にいるかのような錯覚の起きる解放的なインテリア空間。隣のテラスエリアとの一体感も出ている。

MakeSeen-TNA-Gate-House-07

四季折々の緑が室内から鑑賞できる。

敷地図 (クリックして拡大)

敷地図 (クリックして拡大)

 

平面図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 住宅
所在地:茨城県
建物規模 : 地上1階建
プロジェクトチーム:
建築設計 : TNA
建物写真 : Daici Ano
図面 : TNA

via Domus

TNA : 構の郭 | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/tna-gate-house/feed/ 0
早稲田大学学生チーム : 『町まとう家』http://makeseen.com/waseda-university-a-recipe-to-live-lixil-js-foundation-architecture-competition/ http://makeseen.com/waseda-university-a-recipe-to-live-lixil-js-foundation-architecture-competition/#comments Mon, 01 Jul 2013 08:38:25 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4586 LIXILの学生のための住宅コンペ案で最優秀賞を受賞しました早稲田大学チーム(小笠原正樹氏+塚田圭亮氏) の『町まとう家』のプロジェクトが完成致しました。 このデザインコンペは、2011.3.11の東北・関東大震災の経験を通じて考える住まいがテーマでした。北海道に位置する『町まとう家』は、敷地エリアの象徴である乾燥させた牧草を壁の中のアクリルケースで発酵して堆肥化される過程で発する熱を利用して、家を暖める機能を持つ自給自足のエコロジーな住宅です。 4週間後には、熱摂氏30度の熱を発するようになる牧草。 外壁にも牧草が設置されている。内外の両側から外壁をカバーして、室内の熱を逃がさない工夫がされている。 室内は、木材パネルで統一されている。牧草を醗酵するアクリル坂で覆われたエリアが、壁面の装飾にもなっているので、とても和めるインテリア空間となっている。 リビングエリア(左)・寝室(右) 牧草の入ったアクリルボックスが、ローテーブルとしてリビングに置かれている。 室内の温度を計る温度計+湿度計が設置されているので、従事気温がチェックできる。 受賞者の小笠原正樹氏のインタビューは、こちらのLIXILのHPからご覧下さい。 プロジェクト概要 プロジェクト内容: 住宅 所在地:スペイン プロジェクトチーム: 建築設計 : 早稲田大学学生チーム(小笠原正樹氏+塚田圭亮氏) 建物写真 : LIXIL 図面 : 早稲田大学学生チーム(小笠原正樹氏+塚田圭亮氏) via Inhabitat

早稲田大学学生チーム : 『町まとう家』 | MakeSeen

]]>
LIXILの学生のための住宅コンペ案で最優秀賞を受賞しました早稲田大学チーム(小笠原正樹氏+塚田圭亮氏) の『町まとう家』のプロジェクトが完成致しました。

MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-03

このデザインコンペは、2011.3.11の東北・関東大震災の経験を通じて考える住まいがテーマでした。北海道に位置する『町まとう家』は、敷地エリアの象徴である乾燥させた牧草を壁の中のアクリルケースで発酵して堆肥化される過程で発する熱を利用して、家を暖める機能を持つ自給自足のエコロジーな住宅です。

MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-04

4週間後には、熱摂氏30度の熱を発するようになる牧草。

MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-05

外壁にも牧草が設置されている。内外の両側から外壁をカバーして、室内の熱を逃がさない工夫がされている。

MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-02

室内は、木材パネルで統一されている。牧草を醗酵するアクリル坂で覆われたエリアが、壁面の装飾にもなっているので、とても和めるインテリア空間となっている。

MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-06

リビングエリア(左)・寝室(右)

MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-07 MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-08 MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-09

牧草の入ったアクリルボックスが、ローテーブルとしてリビングに置かれている。

MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-10

室内の温度を計る温度計+湿度計が設置されているので、従事気温がチェックできる。

MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-11 MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-12 MakeSeen-Lixil Competition Waseda Recipe to Live-13

平面図

平面図

受賞者の小笠原正樹氏のインタビューは、こちらのLIXILのHPからご覧下さい。

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 住宅
所在地:スペイン
プロジェクトチーム:
建築設計 : 早稲田大学学生チーム(小笠原正樹氏+塚田圭亮氏)
建物写真 : LIXIL
図面 : 早稲田大学学生チーム(小笠原正樹氏+塚田圭亮氏)

via Inhabitat

早稲田大学学生チーム : 『町まとう家』 | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/waseda-university-a-recipe-to-live-lixil-js-foundation-architecture-competition/feed/ 0
Pezo Von Ellrichshausen: ソロ・ペゾ Solo Pezohttp://makeseen.com/pezo-von-ellrichshausen-solo-house/ http://makeseen.com/pezo-von-ellrichshausen-solo-house/#comments Fri, 28 Jun 2013 02:39:17 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4555 チリに拠点を置く建築設計事務所のPezo Von Ellrichshausenによるスペインの美しい自然の中に佇む”ソロ・ハウス“のディベロップメントシリーズの一つの200平米の別荘“Solo Pezo”は、名前の通り敷地周辺の唯一の建物であり、絶景を独り占めできる格好の隠れ家である。 広大な崖の麓の森林の中からひょっこりとその姿を表すSolo Pezo。隠れ家的な別荘で、プライベートな休日を楽しむ絶好の場所である。 上部の住宅部分をサポートするコンクリートの基礎に設置されたエントランス階段。敷地状況を検討して、住宅エリアを地上から浮き上がらせたデザイン。 リビングルームとして機能するテラス。別荘ならではの絶景を楽しみながら優雅な時間を過ごせる空間。 屋上には、プライベートプールが設置されている。日向ぼっこで火照った体を冷やすのに絶好なプールである。 夕焼けを眺めながらのディナーが楽しめる様に、ダイニングエリアもテラスに設置されている。 Construction Gallery: プロジェクト概要 プロジェクト内容: 住宅 所在地:スペイン プロジェクトチーム: 建築設計 : Pezo Von Ellrichshausen 建物写真 : Cristobal Palma 図面 : Pezo Von Ellrichshausen via DesignBoom

Pezo Von Ellrichshausen: ソロ・ペゾ Solo Pezo | MakeSeen

]]>
チリに拠点を置く建築設計事務所のPezo Von Ellrichshausenによるスペインの美しい自然の中に佇む”ソロ・ハウス“のディベロップメントシリーズの一つの200平米の別荘“Solo Pezo”は、名前の通り敷地周辺の唯一の建物であり、絶景を独り占めできる格好の隠れ家である。

MakeSeen-pezo von ellrichshausen solo house-01

広大な崖の麓の森林の中からひょっこりとその姿を表すSolo Pezo。隠れ家的な別荘で、プライベートな休日を楽しむ絶好の場所である。

MakeSeen-pezo von ellrichshausen solo house-02

上部の住宅部分をサポートするコンクリートの基礎に設置されたエントランス階段。敷地状況を検討して、住宅エリアを地上から浮き上がらせたデザイン。

MakeSeen-pezo von ellrichshausen solo house-03

リビングルームとして機能するテラス。別荘ならではの絶景を楽しみながら優雅な時間を過ごせる空間。

MakeSeen-pezo von ellrichshausen solo house-04

屋上には、プライベートプールが設置されている。日向ぼっこで火照った体を冷やすのに絶好なプールである。

MakeSeen-pezo von ellrichshausen solo house-05

夕焼けを眺めながらのディナーが楽しめる様に、ダイニングエリアもテラスに設置されている。

MakeSeen-pezo von ellrichshausen solo house-06







MakeSeen-pezo von ellrichshausen solo house-13

Construction Gallery:






イメージ:Solo Houses

イメージ:Solo Houses

イメージ:Solo Houses

イメージ:Solo Houses

イメージ:Solo Houses

イメージ:Solo Houses

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 住宅
所在地:スペイン
プロジェクトチーム:
建築設計 : Pezo Von Ellrichshausen
建物写真 : Cristobal Palma
図面 : Pezo Von Ellrichshausen

via DesignBoom

Pezo Von Ellrichshausen: ソロ・ペゾ Solo Pezo | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/pezo-von-ellrichshausen-solo-house/feed/ 0
竹中工務店: 神戸国際中学校・高等学校 河野記念アルモニホールhttp://makeseen.com/takenaka-corporation-harmonie-hall/ http://makeseen.com/takenaka-corporation-harmonie-hall/#comments Thu, 27 Jun 2013 02:11:19 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4530 竹中工務店による第11回芦原義信賞を受賞した神戸国際中学校・高等学校 河野 記念アルモニホールは、緑豊かな周辺環境と呼応するような木架構の体育館です。 途切れのない46メートルの長さにもなるコンクリートのファサード。 長い壁に設置された大きな窓は、ホール内部の隅々まで光を齎し、インテリア空間を明るくする。 この開放的な大きな窓により、学生達は、建物内部から周囲の森林の眺めを楽しめ、外側から、内部で行われている活動を垣間見ることができる。 丘の森林の眺めが素晴らしい中庭。学生達が集えるようなプラザ的な空間となっている。     敷地図(クリックして拡大) プロジェクト概要 プロジェクト内容: 体育館 所在地:兵庫県 神戸市 建物構造:木造・RC造 建物規模 : 地上1階建 敷地面積:47,659.6㎡ 建築面積:838.07㎡ 述床面積:742.95㎡ プロジェクトチーム: 建築設計 : 竹中工務店 建物写真 : Tomoki Hahakura 図面 : 竹中工務店 via Dezeen

竹中工務店: 神戸国際中学校・高等学校 河野記念アルモニホール | MakeSeen

]]>
竹中工務店による第11回芦原義信賞を受賞した神戸国際中学校・高等学校 河野 記念アルモニホールは、緑豊かな周辺環境と呼応するような木架構の体育館です。

MakeSeen-Takenaka Corporation Harmonie Hall-01 MakeSeen-Takenaka Corporation Harmonie Hall-03 MakeSeen-Takenaka Corporation Harmonie Hall-04

途切れのない46メートルの長さにもなるコンクリートのファサード。

MakeSeen-Takenaka Corporation Harmonie Hall-06

長い壁に設置された大きな窓は、ホール内部の隅々まで光を齎し、インテリア空間を明るくする。

MakeSeen-Takenaka Corporation Harmonie Hall-02

この開放的な大きな窓により、学生達は、建物内部から周囲の森林の眺めを楽しめ、外側から、内部で行われている活動を垣間見ることができる。

MakeSeen-Takenaka Corporation Harmonie Hall-05 MakeSeen-Takenaka Corporation Harmonie Hall-07

丘の森林の眺めが素晴らしい中庭。学生達が集えるようなプラザ的な空間となっている。

 

 

敷地図(クリックして拡大)

敷地図(クリックして拡大)
断面図

断面図

断面図

断面図

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 体育館
所在地:兵庫県 神戸市
建物構造:木造・RC造
建物規模 : 地上1階建
敷地面積:47,659.6㎡
建築面積:838.07㎡
述床面積:742.95㎡
プロジェクトチーム:
建築設計 : 竹中工務店
建物写真 : Tomoki Hahakura
図面 : 竹中工務店

via Dezeen

竹中工務店: 神戸国際中学校・高等学校 河野記念アルモニホール | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/takenaka-corporation-harmonie-hall/feed/ 0
Niall McLaughlin Architects : 司教エドワードキング教会http://makeseen.com/niall-mclaughlin-architects-bishop-edward-king-chapel/ http://makeseen.com/niall-mclaughlin-architects-bishop-edward-king-chapel/#comments Tue, 25 Jun 2013 06:45:34 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4501 イギリスはロンドンの建築設計事務所Niall McLaughlin Architects によるオックスフォード近郊の司教エドワードキング教会が完成しました。エレガントで美しい木材建築の教会は、祈りの場に相応しい空間に仕上がっています。 歴史あるレンガ造りの周辺の建物に調和した石材を積み重ねた外壁が美しい外観。 ベルタワーも同じ石材で建設された。 石材を積み重た外装が施された外壁。3Dの織物のような外装は、日照時間により絶えず陰影が変化する故、ユニークな外観が訪問者の目を楽しませる。 協会内部から見た天井。天使の輪のような天窓から柔らかな日差しが室内に降り注ぐデザイン。 円形状の教会の窓側に設置されているベンチ。聖書を読んだり瞑想したりと多目的に使用できる。      美しい木材の柱兼梁構造。大木が天に向かって伸びているようなデザイン。 木材の柱と梁の折り重なる森の中にいるような錯覚の起きる教会内部の空間。 祈りの場のベンチも木材で統一されている。建物上部の窓からの採光が反対側の壁に反射して、ユニークなパターンの陰影を室内に齎している。 建物全上部に設置された窓によって、採光が十分に取れる。 教会の内装や造作家具も同じ木材で統一されている。シンプルながら崇高で美しいデザイン。 プロジェクト概要 プロジェクト内容: 教会 所在地:イギリス オックスフォード近郊 建物規模 : 地上1階建 プロジェクトチーム: 建築設計 : Niall McLaughlin Architects 建物写真 : Denis Gilbert 図面 : Niall McLaughlin Architects via Dezeen

Niall McLaughlin Architects : 司教エドワードキング教会 | MakeSeen

]]>
イギリスはロンドンの建築設計事務所Niall McLaughlin Architects によるオックスフォード近郊の司教エドワードキング教会が完成しました。エレガントで美しい木材建築の教会は、祈りの場に相応しい空間に仕上がっています。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -01 MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -14

歴史あるレンガ造りの周辺の建物に調和した石材を積み重ねた外壁が美しい外観。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -13

ベルタワーも同じ石材で建設された。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -12 MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -11

石材を積み重た外装が施された外壁。3Dの織物のような外装は、日照時間により絶えず陰影が変化する故、ユニークな外観が訪問者の目を楽しませる。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -10

協会内部から見た天井。天使の輪のような天窓から柔らかな日差しが室内に降り注ぐデザイン。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -09

円形状の教会の窓側に設置されているベンチ。聖書を読んだり瞑想したりと多目的に使用できる。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -08 MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -06   MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -03

美しい木材の柱兼梁構造。大木が天に向かって伸びているようなデザイン。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -04

木材の柱と梁の折り重なる森の中にいるような錯覚の起きる教会内部の空間。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -05

祈りの場のベンチも木材で統一されている。建物上部の窓からの採光が反対側の壁に反射して、ユニークなパターンの陰影を室内に齎している。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -02

建物全上部に設置された窓によって、採光が十分に取れる。

MakeSeen-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects Niall McLaughlin Architects Bishop Edward King Chapel-Bishop Edward King Chapel by Niall McLaughlin Architects -07

教会の内装や造作家具も同じ木材で統一されている。シンプルながら崇高で美しいデザイン。

敷地図(クリックして拡大)

敷地図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

平面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

断面図(クリックして拡大)

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 教会
所在地:イギリス オックスフォード近郊
建物規模 : 地上1階建
プロジェクトチーム:
建築設計 : Niall McLaughlin Architects
建物写真 : Denis Gilbert
図面 : Niall McLaughlin Architects

via Dezeen

Niall McLaughlin Architects : 司教エドワードキング教会 | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/niall-mclaughlin-architects-bishop-edward-king-chapel/feed/ 0
Keisuke Kawaguchi+K2-Design: 煉瓦倉庫の隠れ家http://makeseen.com/keisuke-kawaguchik2-design-hiding-place/ http://makeseen.com/keisuke-kawaguchik2-design-hiding-place/#comments Mon, 24 Jun 2013 00:46:41 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4464 河口佳介氏率いるK2-Designによるユニークな既存のレンガ倉庫を再利用した住宅のプロジェクト。その名も、”煉瓦倉庫の隠れ家”。マトリョーシカ人形のように新しい建物が古いレンガ倉庫の中に入っているので、外部から隠れて存在する。 戦時中、このレンガ倉庫は燃料の備蓄倉庫として使用されていて、その後、施工主の父親の仕事場として機能し続けた、という歴史を持つ建築物である。このような歴史的建築物を取り壊して、歴史と時間を止めてしまうのはとても惜しいとの事で、”残すべきである”、との判断が下され、新しい住居が、古い建物の歴史の新しい一部となるように内包されて建設された。 倉庫と住宅の間の隙間を上手く利用した玉砂利の回路庭のスペース。倉庫によってプライバシーが保てられるので、開放的なガラス張りのバスルームが実現した。 畳が敷かれた和室から坪庭を眺める。時間の流れを超越した別空間にいるような静寂が感じられる。 ガラス引き戸により、開け閉めが調節できる。 ダイニング・キッチンを眺める。 薪ストーブが設置されたリビング・ダイニング・キッチン。天窓からも採光が可能となっている。詳しい詳細は、建築家のHPからご覧下さい。 via プロジェクト概要 プロジェクト内容: 住宅 所在地:広島県 建物規模 : 地上1階建 プロジェクトチーム: 建築設計 : K2-Design 建物写真 : Toru Kitamura 図面 : K2-Design via ArchDaily

Keisuke Kawaguchi+K2-Design: 煉瓦倉庫の隠れ家 | MakeSeen

]]>
河口佳介氏率いるK2-Designによるユニークな既存のレンガ倉庫を再利用した住宅のプロジェクト。その名も、”煉瓦倉庫の隠れ家”。マトリョーシカ人形のように新しい建物が古いレンガ倉庫の中に入っているので、外部から隠れて存在する。

MakeSeen-Keisuke Kawaguchi-K2-Design-Hiding Place-01

戦時中、このレンガ倉庫は燃料の備蓄倉庫として使用されていて、その後、施工主の父親の仕事場として機能し続けた、という歴史を持つ建築物である。このような歴史的建築物を取り壊して、歴史と時間を止めてしまうのはとても惜しいとの事で、”残すべきである”、との判断が下され、新しい住居が、古い建物の歴史の新しい一部となるように内包されて建設された。

MakeSeen-Keisuke Kawaguchi-K2-Design-Hiding Place-02

倉庫と住宅の間の隙間を上手く利用した玉砂利の回路庭のスペース。倉庫によってプライバシーが保てられるので、開放的なガラス張りのバスルームが実現した。

MakeSeen-Keisuke Kawaguchi-K2-Design-Hiding Place-03

畳が敷かれた和室から坪庭を眺める。時間の流れを超越した別空間にいるような静寂が感じられる。

MakeSeen-Keisuke Kawaguchi-K2-Design-Hiding Place-04 MakeSeen-Keisuke Kawaguchi-K2-Design-Hiding Place-05

ガラス引き戸により、開け閉めが調節できる。

MakeSeen-Keisuke Kawaguchi-K2-Design-Hiding Place-06 MakeSeen-Keisuke Kawaguchi-K2-Design-Hiding Place-07

ダイニング・キッチンを眺める。

MakeSeen-Keisuke Kawaguchi-K2-Design-Hiding Place-08MakeSeen-Keisuke Kawaguchi-K2-Design-Hiding Place-09

薪ストーブが設置されたリビング・ダイニング・キッチン。天窓からも採光が可能となっている。詳しい詳細は、建築家のHPからご覧下さい。














via

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 住宅
所在地:広島県
建物規模 : 地上1階建
プロジェクトチーム:
建築設計 : K2-Design
建物写真 : Toru Kitamura
図面 : K2-Design

via ArchDaily

Keisuke Kawaguchi+K2-Design: 煉瓦倉庫の隠れ家 | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/keisuke-kawaguchik2-design-hiding-place/feed/ 0
Mt. Fuji Architects : Geo Metriahttp://makeseen.com/mt-fuji-architects-geo-metria/ http://makeseen.com/mt-fuji-architects-geo-metria/#comments Fri, 21 Jun 2013 01:38:59 +0000 編者 http://makeseen.com/?p=4421 Mt. Fuji Architectsによる住宅”Geo Metria”は、緑豊かな箱根の山脈の頂上に位置しており、住宅から相模湾が一望できる。そんな好立地な敷地の自然環境に沿う様に、この住宅はひっそりと佇んでいる。 沢山の木々が育成している丘の斜面に沿うように、建設された住宅。 ガラスのファサードからは、照明によって演出された美しい木造の構造が垣間見れる。 木造の柱と梁の2組のフレームが組合わさったり折り重なり合って、この住宅にユニークな特徴を与えている。 柱のフレームは、本棚やカウンターデスクとしても活躍するようなとても機能的なデザイン。 本棚のみで仕切られているオープンなリビング・ダイニング・キッチン。太陽の柔らかい日差しがインテリア空間に隈無く広がる。 玄関アプローチとリビングエリア。リビングのガラス引き戸により、開け閉めが可能である。 プロジェクトのより詳しい詳細は、建築家のHPからご覧下さい。 プロジェクト概要 プロジェクト内容: 住宅 所在地:神奈川県箱根 建物構造:木造 (一部RC造) 建物規模 : 地上1階 地下1階 敷地面積: 429.40㎡ 建物面積:123.95㎡ 述床面積:155.66㎡ プロジェクトチーム: 建築設計 : Mt. Fuji Architects 建物写真 :  Kenichi Suzuki/鈴木研一 図面 : Mt. Fuji Architects via ArchDaily

Mt. Fuji Architects : Geo Metria | MakeSeen

]]>
Mt. Fuji Architectsによる住宅”Geo Metria”は、緑豊かな箱根の山脈の頂上に位置しており、住宅から相模湾が一望できる。そんな好立地な敷地の自然環境に沿う様に、この住宅はひっそりと佇んでいる。

MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-01

沢山の木々が育成している丘の斜面に沿うように、建設された住宅。

MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-02 MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-03

ガラスのファサードからは、照明によって演出された美しい木造の構造が垣間見れる。

MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-04 MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-05

木造の柱と梁の2組のフレームが組合わさったり折り重なり合って、この住宅にユニークな特徴を与えている。

MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-06 MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-07

柱のフレームは、本棚やカウンターデスクとしても活躍するようなとても機能的なデザイン。

MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-08

本棚のみで仕切られているオープンなリビング・ダイニング・キッチン。太陽の柔らかい日差しがインテリア空間に隈無く広がる。

MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-09

玄関アプローチとリビングエリア。リビングのガラス引き戸により、開け閉めが可能である。

MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-10

プロジェクトのより詳しい詳細は、建築家のHPからご覧下さい。














断面図 (クリックして拡大)

断面図 (クリックして拡大)

MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-25 MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-26 MakeSeen-Mt Fuji Architects Geo Metria-27

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 住宅
所在地:神奈川県箱根
建物構造:木造 (一部RC造)
建物規模 : 地上1階 地下1階
敷地面積: 429.40㎡
建物面積:123.95㎡
述床面積:155.66㎡
プロジェクトチーム:
建築設計 : Mt. Fuji Architects
建物写真 :  Kenichi Suzuki/鈴木研一
図面 : Mt. Fuji Architects

via ArchDaily

Mt. Fuji Architects : Geo Metria | MakeSeen

]]>
http://makeseen.com/mt-fuji-architects-geo-metria/feed/ 0