シェア いいね! ツイート ピン もっと... いいね! ツイート ピン もっと... シェア

Case Design Studio: 千ヶ滝の家

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-00

Case Design Studioによる軽井沢の別荘のプロジェクト『千ヶ滝の家』は、緑豊かな敷地のなだらかな南斜面に位置している。敷地の特徴を最大限に活かし、自然環境に調和した別荘である。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-01

メイン通り側の外観は、プライバシーを保つ為に開口部が極力おさえてあり、家というよりは黒の木板の塀のような外観である。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-02

一方、家の内側は庭に向かって開けている。幅75mmの竪格子によって開口のグラデーションが楽しめるガラス張りの壁から、敷地の豊かな緑が鑑賞できる。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-03

和モダンの寝室が、光庭(ホール)奥に見える。寝室からも、外の景色が眺められる仕組みとなっている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-04

湧き水の池のようなシンプルな埋込式の浴槽。こちらも外の景色が良く見えるので、あたかも外で入浴しているような感覚が味わえる。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-12

左がシャワー室、右がトイレの入口で、中央に洗面カウンターが設置されている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-05

入口土間から見たホールエリア。奥にテラスが続き、折戸を開ければ内と外が一体になるデザイン。土間は車庫にもなり、降雪時に車を止めておくことができるように工夫されている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-06

上るにつれて格子が徐々に開放されていく2階への階段。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-07

土間からアトリエや光庭を眺める。右側にベッドルーム位置し、光庭奥がバスルーム等の水回りとなっている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-08

リビングのピクチャーウィンドウから光庭を通して敷地の緑を鑑賞する。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-10

2階のキッチン・ダイニングエリア。カウンター背面は折戸の収納庫となっている。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-09

キッチン・ダイニングエリアから光庭を眺める。右手に薪ストーブが設置されたリビングが広がり、奥に客間が続く。客間は引戸で仕切ることができる。

MakeSeen-Case Design Studio-House in Sengataki-11

開口のグラデーションが楽しめるダイニングエリア。

敷地図(クリックして拡大)

敷地図(クリックして拡大)

1F 平面図(クリックして拡大)

2F 平面図(クリックして拡大)

平面図 2F(クリックして拡大)

平面図 1F(クリックして拡大)

プロジェクト概要

プロジェクト内容: 住宅
所在地:長野県軽井沢
敷地面積:1,058 sqm
述床面積:146 sqm
プロジェクトチーム:
建築設計 : Case Design Studio
建物写真 : Case Design Studio
図面 : Case Design Studio

via ArchDaily

また:

Leave a Reply